お誕生日会 p(^▼^)q

みなさま、こんにちは♪
今回は、
5月と6月生まれの方のお誕生日会をいたしました♪
みなさま、お元気で本当に良かったです。






いつも紳士にお話しをしてくださいます♪

とっても良い笑顔ですね♪

スタッフにも優しくしてくださいます♪

この笑顔が見たかったんですよね♪

みなさま、お誕生日おめでとうございます!


ようやく梅雨らしい気候になって、草花も水分補給をしたせいか、
こんなに綺麗なお花が。。。

。。。。咲いていませんけどね(笑)

でも、今はとっても鮮やかな緑が見られるお庭です。




梅雨時期を過ぎる頃になると、患者が急増する熱中症。
熱中症というと、高熱が出るイメージですが、
実は、体から水分が失われる脱水が最初に起きる病気。
この脱水状態は、最初のうちは気づきにくく、専門家は自覚症状のない脱水を
「かくれ脱水」と呼び、注意を呼びかけているようです。

かくれ脱水とは、熱中症の最初の段階。
熱中症は人によって進行度が違いますが、
必ず最初の段階にかくれ脱水があるそうです。
熱くなると汗をかくことで、体は内部の熱を外に出します。
その結果、水分が失われ、脱水状態になります。


自覚症状のない初期の段階がかくれ脱水。
そのままでいると体はさらに汗をかき、脱水が進みます。


めまいや立ちくらみ、足がつるといった症状が現れます。
そして水分が不足すると汗はストップ。
体内に熱がこもって体温が上がり、意識障害が出るなど、
重い熱中症になってしまうのです。


かくれ脱水のチェックをしましょう。

①手の平を上に向けます。

②中指の先をもう片方の指でつまんで離します。

通常は、白くなった指先は、すぐに血流が戻り、元の色になりますが、
3秒以上経っても、白いままの場合は、かくれ脱水になっている可能性があります。


と、まぁ、これだけでは判断できませんから、
高石羽衣ではご入居者さまの顔色を見て、
お話をしたり、一緒に歩いたりすることで、早期発見出来るよう心がけています。


そして、いつもと違うところに気がついたら、すぐに看護師へ報告しています。

みなさんも、気をつけましょうね。

投稿者:高石羽衣スタッフ | コメント (0) | トラックバック (0)