入居者の皆様が安全、快適に生活できるよう看護師をはじめ、スタッフ一同笑顔の絶えない老人ホームを目指しています。

2012年06月30日

夏の風邪対策

何とか風邪をひかない様にと意識して頑張っているため、冬は風邪をひかずに乗り越えても、夏になると発熱・のどの痛みが出てしまい、とうとう風邪をひいてしまう・・・こんな経験はないでしょうか?


ウィルスが侵入する主な部位である、のどや鼻の粘膜は免疫によって守られています。ところが、エアコン・扇風機などで乾燥してしまうと、それだけで局所的な免疫低下を引き起こします。


朝・夕礼で職員が集う健康管理室では加湿器を稼働して乾燥を防いでいます。

%E5%8A%A0%E6%B9%BF%E5%99%A82.JPG

夜、加湿が無理な時は、マスクをして寝るのも良いと思いますが、朝まで着用できるかは至難の業となるかも・・・?


これから夏に向けての熱帯夜・・・
節電を考えると空調は控え、アイスノンを上手に活用して(頭元以外に、脇の下や足のつけ根などの太い血管にあてがうと血管を冷やす事で涼しくなりますよ)急に冷やすよりも時間をかけた方が効果的のようです。
私は、氷片を口に含んで暑い夏を乗り越えてま~~す。


暑い夏は温度差や脱水で体調を崩しやすい時期なので、元気に過ごしましょう(^^)/

totoro2.JPG

投稿者 : 大阪城公園施設長 | コメント (0) | トラックバック (0)
2012年03月23日

睡眠 ~レム睡眠とノンレム睡眠~

こんにちわ、初めまして、新入社員の濵田です。

桜の木もつぼみをつけ春を感じる今日この頃です。

初ブログということで、ご覧になっている皆様、夢を1度も見たことない!って

方いますか?…いないと思います。

入眠して、ノンレム睡眠から入り、2時間程経ってから1番はじめのレム睡眠が訪れます。

それからノンレム睡眠+レム睡眠を繰り返し、レム睡眠の割合が多くなります。

ノンレム睡眠は“脳の眠り”、レム睡眠は“身体の眠り”です。

ですので、夢を見るのは、レム睡眠なわけで、

脳が眠れないと夢を見ることは出来ないということです。

そして、夢にはストレスを解消するという役割があります!

夢は潜在意識の灯影なのです。だから、自分が死ぬ(死んだ)夢は見ません!

だから、皆様!夢を恐れず、いっぱい寝て、ストレス解消しましょう!笑

寝る子は育つ!昔の人はすごいですね~。いい言葉。

ちなみに僕は今日、スーパーコートのトイレで用を足してる夢でした。。。

そして、案の定…。子供のころ経験されてますよね。。。

次回は耳についてのお話をしたいと思います。

長文失礼しました。

投稿者 : 大阪城公園施設長 | コメント (0) | トラックバック (0)
2011年07月29日

水分補給の豆知識(*^^)v

『麦茶で血流促進・夏バテ防止―ほんまでっか?!』

昔から日本の夏の飲み物と言えば麦茶。
近年麦茶の成分に血流を促す効果がある事がわかり、
夏バテ防止に役立つ健康な飲み物という事が解明されました。



『水分補給なら、水・麦茶など“ノンカフェイン”飲料が良い―ほんまでっか?!』

麦茶・ほうじ茶・水・ミネラルウォーター・スポーツドリンクなどが良く、
カフェイン飲料(コーヒー・紅茶・ウーロン茶・緑茶など)は利尿作用により水分が溜まらないのです。


『一気にゴクゴク飲むと体内への吸収が悪くなる―ほんまでっか?!』

水やお茶を1回100~200ml程度に分け、こまめに飲むと良いそうです。


『朝、水を1杯飲むと代謝がアップする―ほんまでっか?!』
脱水状態の筋肉に水分を補給し、代謝を上げてくれます。


人間は何もしなくても1日約1.5ℓずつ水を失います。
水分が少なくなると、酸素や老廃物を運ぶ機能が低下して
血液がドロドロに…


只今、スーパーコート大阪城公園では、
アクエリアス・麦茶の水分補給を行っています❤

投稿者 : 大阪城公園施設長 | コメント (0) | トラックバック (0)
2011年05月22日

熱中症に注意!~高齢者に多い発症~

体力のない年配者は発病しやすい上、自覚症状が少ないので、気づいたときには重症のケースも少なくない。

安全と思われがちな室内で起こる場合も意外に多い。


◎どうして高齢者が熱中症になりやすいのか?

原因は3つ!

(1)体温調節能力の低下

汗は体温を下げる作用があるが、加齢にともない汗が出にくくなる。
また、数日間、お風呂に入らない人も多く、そうなると皮脂が身体の表面を覆い、より汗をかきにくく熱が体内にこもってしまう。

(2)水分の摂取量が少ない

通常、水分が体に不足すると脳が水分補給の指令を出すが、高齢者はこの働きが弱まる。
その上、「のどの渇き・脈が早くなる・立ちくらみ・はきけ・血圧低下」などの脱水症状の症状が現れても、「持病のせい」「いつもの状態」と軽視してしまい、気づくのが遅れる。

夜間の頻尿や尿漏れの心配から、水分摂取を我慢する方も多いですが、非常に危険です。

(3)水分が出てしまう
体が脱水症状になると「水分を体外に排出しないように」と尿が濃くなるが、肝臓の動きも弱っているので、尿濃度はあまり濃くならず、水分が排出されてしまいます。

汗が出たり、のどの渇きを覚えたら赤信号で、自覚症状が無いまま倒れることもあるので注意が必要です。

熱中症予防に、スポーツドリンク以外に、

(麦茶と梅干し)

IMG_5419.JPG

IMG_5412.JPG

麦茶と梅干しの組み合わせも、良いみたいです。
麦茶0.5~1Lに対し、梅干し1つで大体0.1~0.2%程度の塩分量になるそうです。

早め早めのドリンク摂取で気をつけましょう!

投稿者 : 大阪城公園施設長 | コメント (0) | トラックバック (0)
2011年03月12日

~アロマの世界~

SC大阪城公園では、アロマテラピーをしております☆


IMG_4676.JPG

アロマの身体への作用については、医学的に4つの効果が認められています。

1、イメージを蘇らせる心理作用
2、脳をリラックスさせる生理作用
3、微生物の増殖を抑える抗菌作用
4、不眠症やうつ病などの心身症を改善させる作用

リラックス効果のラベンダーの香りに、

  入居者様より   「ええにおいや~」   と好評を頂いております。


IMG_4682.JPG


投稿者 : 大阪城公園施設長 | コメント (0) | トラックバック (0)
携帯版ブログ
資料請求
ブログ内検索
カレンダー
---2016年08月---
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

大阪・兵庫の「第二の我が家」 スーパー・コート
グループ機関が応援します。スーパーホテル大阪天然温泉
スーパー・コート大阪城公園では「スーパーホテル City 大阪天然温泉」に湧出する大阪天然温泉を楽しめます。