サイトマップ

2006年05月22日

体重測定は大切なんです!!

こんにちは、看護師の田中です。
今回は体重についてお話します。
ホームでの、入居者様の健康管理はナースにとって一番大切な仕事です。
当施設では健康管理の一環として、月一回の体重測定を行っています。
立位の出来ない方は、車椅子に座ったまま測定できる体重計で計らしていただいています。
体重の増減はいろいろな事を教えてくれます。
健康管理上判断基準の一つとなります。

人間は食事から栄養を摂取し、運動することでカロリーを消費します。
余分に摂取した時は、「体脂肪」に変換して体に貯蔵することになり肥満となります。
浮腫(むくみ)による体重増加もあります。
体の中の水分が皮下組織に異常に貯まるとむくみがおきます。
栄養障害によるものと病気によるものがあります。
心臓、腎臓、肝臓、腹膜炎などからむくみを生じる事があります。
むくみが発現すると、いろいろな病気を想定し、尿量、水分摂取量、血圧、
体温、脈拍など医師に報告し診察して頂きます。
病気の早期発見、治療することにより、入居者様が安心して生活できる
環境を提供することに努めております。
たかが体重といえども、教えてくれることは一杯あります。
皆さん”健康”のためのベスト体重を維持いたしましょう。

投稿者 shirano : 11:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。承認まで暫くお待ち下さい。)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.supercourt.jp/MT/mt-tb.cgi/50